2010年9月6日月曜日

「スーパーアリの巣コロリ」を試す

アルゼンチンアリがキッチンに侵入してきたことがあって、
その時には侵入路を特定できなかったという事をアルゼンチンアリの被害状況として書きました。
そのまま無防備にしていては、同じ経路でいつまたキッチンへ行列されるか分からないため、
侵入してきた場合のアルゼンチンアリ対策として、「スーパーアリの巣コロリ」を試してみました。




スーパーアリの巣コロリを購入して設置


ドラッグストアでアリ用の殺虫剤を物色。
手軽な置き形タイプを探してみました。
エサをアリの巣に持ち帰らせて巣ごと撲滅するというタイプのものを発見。
アース製薬の「スーパーアリの巣コロリ」と、その姉妹品「アリの巣コロリ」が候補。
二つの一番の違いはエサの形状で、スーパーでない方は顆粒、スーパーの方は顆粒とゼリーのセットになっています。
サイトの情報を見比べて今気づきましたが、有効成分もそれぞれ違っていて、スーパーでない方はヒドラメチルノン、
スーパーの方はフィプロニルとジノテフラとなっていています。
成分的にも効き目に違いがありそうですが、アルゼンチンアリは非常に小さい蟻なので、
持ち帰りやすいゼリー状のエサも含まれている「スーパーアリの巣コロリ」に決定。
名前にスーパーとついている分、なんとなくこちらの方が強力に効いてくれそうという
感覚的な理由も少なからず。。。
前回キッチンに侵入してきたときに行列のあった一角へ、2個のうちのひとつを、
もうひとつを、玄関先にあるアルゼンチンアリの行列のそばへ、設置してみました。
「スーパーアリの巣コロリ」は、パッケージから取り出した後にフィルムを引き抜いて使うのですが、
よく気をつけて取り出して、慎重にフィルムを引き抜かないと、顆粒状のエサがボロボロとこぼれてしまいます。

「スーパーアリの巣コロリ」の効果


キッチンに設置した方のコロリは、置いてから1ヶ月以上経過していますが、
エサが減っている様子もなく、蟻が来ているのかどうか不明。
その後キッチンには侵入されていないようなので、お守り代わりにそのまま置いておくことに。
もう一方、玄関先の行列に置いた方については、すぐに動きがありました。
アリたちに警戒されないよう、行列を邪魔しない程度に近いところへ置くのがコツだそうで、
行列のすぐそばへ置いてみたところ、すぐに数匹がエサに気づいて寄ってきました。
コロリのフィルムをはずす時に失敗してしまい、顆粒エサがこぼれてしまいましたが、
それがアルゼンチンアリをおびき寄せる結果になったようで。
意外にも、あの小さな体で顆粒のエサを軽々と運び出してしていて、
アルゼンチンアリのパワーを見せ付けられる感じです。

設置後10分もするとこんな感じに、ぞろぞろとアリが出入りし始めました。
アルゼンチンアリの動き、すごい速いですね。
ゼリー状のエサも人気のようです。
順調に見えていましたが、二日後にはこのエサも見向きも去れない状態になっていました。
このエサを持ち帰ったアルゼンチンアリの巣が絶滅できたのか、
あるいは罠と気付かれただけなのかは分かりませんが、
置いてある「スーパーアリの巣コロリ」の少し離れたところに、アルゼンチンアリの行列は続いています。
庭全体のアルゼンチンアリを駆除するのには、コロリの1個や2個では全く追いつかないということですね。
他の手段を探ることにします。