2010年9月3日金曜日

シルバーさんに除草をしてもらう

毎年1回シルバー人材センターに依頼している、庭の草とりと庭木剪定。
何の知識もないため、いつも全てお任せでお願いしています。

自分で除草や剪定作業をする事を考えれば安いものと思いますが、
金額的には私にとって決して小さいものではなく。。。

今後どうするのかを考える意味でも、
シルバー人材センターに依頼した時のことをまとめておきます。




依頼の電話をする


家と庭の持ち主である親戚にならって、毎年1回夏頃に、
シルバーさんへ庭の手入れをお願いしています。
今年も、もよりのシルバー人材センターへ、
庭木の剪定と除草をお願いの電話をしたのが7月のはじめ頃。
「剪定と除草ですね。予約を入れておきます。
除草と庭木の剪定とは別になりますので、それぞれお伺いするときにご連絡します。」
受け付けてくださった声は、多分、おねえさん。
シルバー人材センターといえども、年配の方ばかりでもなさそうでした。
梅雨の雨で繁りに繁った雑草をなんとかしなければと焦る時期でもあり、
お盆前ぐらいに庭がキレイになっていると理想的だなとも思っていたのですが、
誰しも考えることは同じようで、どうやら既に予約がいっぱいの様子。
依頼の予約数プラス天候という要因もあるはずで、
特に尋ねもしなかったのですが、草取りも剪定も、いつ頃来てもらえるものやら
全くもって不明でした。
もしかすると希望の時期を指定できたりするのかもしれないと
今頃になって気づいているのですが、また来年、電話する時には
どれぐらい融通がきくものかも問い合わせてみようと思います。
実際に作業していただける方達の年齢を考えても、
あまりにも暑い最中に来ていただくのは気がひけるなとかいうことも
ちょっとだけ思ってみたりしつつ、期待せず気長に待つ事にしました。

2週間後 除草部隊来る


意外にも、除草の方は意外と早い時期に来てくれました。
あまり早く来られても、お盆の頃には雑草がまた生えはじめてしまうのでは・・・
なんて思っている事は隠しつつ、快くお願いして出勤。
帰宅すると、見違えるように雑草はキレイに抜き去られていて、すっきりさっぱりしてました。
この状態を維持できるように、これからはまめに草をむしろうと、
守れない誓いを立てるのが恒例です。。。

除草にかかった費用


留守の間に作業を終えて帰られてしまうので、
何名で作業していただいているのか分からないのですが、
概算で予測してみます。
私一人で草をむしっても、体力的・精神的に可能なのはせいぜい2時間。
その時間でキレイにできる範囲は、ざっと見積って除草する面積全体の10分の1。
これらの感覚的な時間と面積からざっくり計算すると、
4人程度で来て6時間ぐらい作業されているのかなと思われます。
金額は作業時間や作業人数(つまり作業面積)に応じてということのようですが、
除去した雑草の処分費なども含め、請求額は約14,000円でした。
100903.jpg
仮に、「50,000円あげるから」と言われても、この庭全部の草むしりを一人でというのはかなりキツイ。
そう考えると、14,000円程度ならかなりお安い気がします。
そういえば、我が家の庭の面積が分かってると、何かと参考になるかもしれません。
よく○坪という表現がありますが、そのあたりの数字にめっぽう疎く、
改めて調べてみると、2畳程度の広さを1坪と考えれば良いようですね。
実際に測ったわけでなく、あくまでも目測と直感ですが、
我が家の庭を坪数で表現するなら、、、
20~30坪程度でしょうか。
すみません、本当にあてずっぽな数字なので、そのうち気が向いたときにでも
きちんと測ってみようと思います。
シルバーさんが除草作業をされたあとに衝撃的な事を発見したのですが、
それについてはまた後日。