2010年10月20日水曜日

固まる土のメリット

先月がんばって草むしりをした場所へ、また新たに、
違う種類の雑草が生えてきているのを見つけて軽くショックを受けている今日このごろ。

毎度のことですが、なにか良い雑草対策はないものかと考えて
いつも行き着くのが、「固まる土」「固まる砂」という商品。

これから数回にわけて、まとめていこうかなと思います。
今回は、固まる土や砂の利点について。




コンクリートよりも敷居の低い固まる土


雑草対策として最強な方法は、やはり敷地内全面にコンクリートを打って、
土のある部分をなくしてしまうことだと思います。
ただし、庭に家庭菜園をつくったり、樹木や草花を庭へ直植えにして育てたり
ということを、将来にわたってするつもりが毛頭無いという場合じゃなければ、
そう簡単にはコンクリートは撤去できないため、得策ではありません。
また、コンクリートを打つ面積が小さい場合ならば、
DIYでチャチャッとやっちゃうよっていう器用な方もいらっしゃるかもしれませんが、
ある程度の面積に施工するとなると、やっぱり業者に頼む方が、
仕上がりや労力という意味でも良いですよね。
となると、相当な費用もかかるはず。。。
全面にコンクリートを打つことで雑草対策するのには、それなりの決意みたいなものが
要りそうな気がします。
その点、コンクリートに近い雑草予防効果が得られて、
なおかつ、原状復帰(=撤去)も比較的簡単にできるという優れものが、
固まる土や砂なのです。

固まる土・固まる砂のメリット


施工が簡単


しっかりと除草をして地表面を平らにならした上へ
固まる土を敷いて水平にならし、上からジョウロ等でまんべんなく水をかけ、
乾燥させたら完成。
土を敷いて水をかけるだけなので、コンクリートを打つ時のような手間も技術も不要です。

仕上がりが綺麗


表面の見た目は土や砂と変わりないので、施工の時によほどの失敗をやらかさなければ、
とても自然で綺麗な仕上がりになるはずです。
コンクリートと違って透水性があるため、水たまりになったりすることもありません。
ノーマルな土色の他に、レッド系、イエロー系、グリーン系など、
カラフルに着色された商品も売られていて、自分の好みの雰囲気に庭を彩ることができます。
複数の色を組み合わせて敷くとかすれば、庭の主人のセンスが光る、
楽しい庭ができあがりそうですね。

確実な雑草防止効果


これが一番大事なポイント!
防草シートを使った場合に比べても、その確実性は明らかです。
たとえば土の中に潜んでいた根っこや種から芽が出てきたとしても、
数センチの硬い土を突き抜けて伸びることはまずありません。
これで雑草を確実にシャットアウトできます。
番外編としては、猫の糞害対策。
表面を固めてしまえば、糞をするための穴をほれなくなるので、
猫の落とし物も無くなるはず。
こんな感じで今回は、固まる土や固まる砂のメリットだけを見てきましたが、
次回はデメリットについてまとめます。