2010年11月2日火曜日

雑草放置の宅地を市が強制除草(三重県名張市)

住宅地にお住まいの方で、ご近所の庭の雑草が伸び放題で、
景観的にも、飛び火的被害にも、迷惑しているというケース、
あると思います。

ご近所付き合いという大切な処世術の手前、
うまーくオブラートにつつんで伝えねばならないという難しさがあったり、
そもそも伝えたところで対応してくれるような方かどうかも不明。

また、どなたか住んでいらっしゃれば文句を言う先もありますが、
空き家だったりすると、不満をぶちまける先がなくて悶々とするしかないとか。

そんな悩みの解決策になりそうなニュースを見つけたのでご紹介。




行政が強制除草・地主へ費用請求


三重県名張市は、雑草が伸びたまま放置された同市百合が丘東7番町の宅地8区画(計約2200平方メートル)で、除草の代執行を始めた。
「市あき地の雑草等の除去に関する条例」に基づく措置で、費用計約28万円は、宅地を所有する大阪市在住の4人に請求する。


引用元:宅地の雑草伸び放題、市が除草の代執行 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

市の条例に基づいて行われたものだそうで、
対象の面積もだだっぴろく、雑草の育ち具合も数メートルとダイナミック。
近隣からの苦情が市へ寄せられていたため、
文書による指導を何度か行った上での強制除草だったということ。
やはり何度か通告をして、それでも聞き入れられなかった時の、
最終手段という形みたいですね。
私の住む市の条例では、このへんの事がどうなっているのか知らないし、
市によって、こういったケースへの対応策があったりなかったりなのでしょうけれど、
全国で積極的に、採用&実行してほしい条例だと思いました。

宅地1区画・1年間の除草費用として考える


さて、このニュースのケースでは総額28万円の除草費用。
8区画の宅地について、3年前から放置されていた状態での除草ということなので、
総額から、1区画・1年間の費用を割り出してみます。
280,000円 ÷ 8区画 ÷ 3年
⇒ 11,666.6円
非常に・・・妥当というか、安い金額になった気がします。
「広い面積をまとめて」除草する場合と、
「狭い面積を頻繁に」除草する場合とでは、
諸経費の関係で、前者がずいぶん安く上がるはずということは分かります。
でも、今年、我が家の庭の除草にかかった費用よりも安いのが、
気に入らない。。。
確かに総額では相当な金額になってますが、
何ら手間をかけずに、除草にかかった費用だけを払えばいいなんて。
しかも、うちよりもお得なコストだったなんて。
なんというか、罰金的なものの上乗せが必要なんではないかと
ちらっと思ってしまいました。
この考え方、間違ってますかね。。。
ま、他所様のことはともかく、
近所迷惑にならないよう、行政から除草の勧告とかされないように、
そして強制除草とか執行されて巨額な請求が来たりしないように、
地道に我が家の庭の手入れぐらいは、しておかなくっちゃと。