2010年11月11日木曜日

猫の糞害にコーヒーかすを試す

我が家の庭でね猫の糞害にも悩まされていて、先日はその対処方法を調べたところですが、
別段コストもかからず、一番ナチュラルな方法、
コーヒーかすを撒く方法を、さっそく試してみました。

今回はその途中経過報告です。




コーヒーかすを撒いてみる


砂の上にコロコロところがっていた猫の落とし物。
周辺の土をしっかり掘ってそれらを埋めた後、表面をキレイにならして
できたてほやほやのコーヒーかすをその上へパラパラと撒く。
芳しいコーヒーの香りが周囲に漂います。
せっかくのマーキングをじゃまされた腹いせとして、
猫がさまざまパターンで仕返しをしてくる場合があるというので
若干の不安はありつつも、
とりあえずこれで数日の間、様子を見る事にしました。

コーヒーかすを撒いた3日後


おそるおそるながらも、猫の糞を埋め立てた上に
コーヒーかすを撒いてから3日が経過。
新しい糞は見当たりません!!
まだ3日しか経過していないので、今後復活する可能性もありはしますが、
とりあえず、今のところは成功したと思って良いんじゃないでしょうか。

猫の糞害もう1ヶ所は


実は、我が家の庭で猫の糞場となっている場所は、私の知っている限りでは
2ヶ所あるのです。
その一方には先日のコーヒーかす対策が功を奏したようで、
新しい糞はなくなりましたが、しかし!
なんの対策も施さなかったもう一方には、
新たな変化が生じていました。。。
悲しいかな、猫の落とし物が増えていたのです!
地表面にのぞいている落とし物をきっちり埋め立ててしまおうと
土を掘ると、ひとすくいする毎に、干涸びたのやら、比較的生々しい新鮮なのやら、
確実に、以前の4~5倍という量の糞が、出てくる出てくる。。。
3日前のコーヒーかすが功を奏したのだとすれば、糞場が1つ減ってしまったために
残ったもう一方のこちらへ、集中したということなんでしょうね。
適当に穴を掘って糞を埋め、その上にかけようとした土の中からは
またまたあたらしいブツが現れる、の繰り返し。
ここに埋めるなどというむなしい作業をやめて、このまま隣の公園に投げ捨ててやろうか
という考えが一瞬頭をよぎりましたが、そこはグッと抑えて、
つぎつぎと土の上にひょっこり顔をのぞかせる糞達を、辛抱強く埋め立てていきました。
こころなしかその部分の土は盛り上がってしまいましたが、
仕上げには前回と同じく、できたてほやほや、アツアツのコーヒーかすを撒いて完成。
今回はたくさんのコーヒーかすが必要だったのでの
いつものコーヒーの3倍程度、入れました。
出来上がったコーヒーが酸化しないうち(=美味しいうち)に飲み干すのは不可能な量。
何かうまい保存方法はないものでしょうかね。
とにかく、猫の糞害対策に、コーヒーかすを撒き作戦が効きますように。。。