2010年11月26日金曜日

タマリュウの間に生えて来た草は?

グラウンドカバーとして、タマリュウを植え付けました。
あれから約2ヶ月。タマリュウの株の間にちょろちょろと、雑草が伸びはじめています。

なんだかちょっとかわいらしい葉っぱなので、
名前を知りたくて調べてみることに。

それにしても、植物の名前を調べるのは難しいですね。




タマリュウその後


グラウンドカバーとして、そして、コンクリート敷きの駐車場へ土が上がらないように、
という目的で40ポットほど植え付けたタマリュウ
約2ヶ月が経ちますが、枯れることもなく元気に、かといってビックリするほど増えるわけでもなく、
じっくりと着実に、根付いているように見えます。
101126-2.jpg
植え付けた当初の写真と比べてみてやっと、
増えたのかな~という感じです。
100928-4.jpg
��タマリュウを植え付けた当初の様子)

タマリュウの間に生える雑草は何?


はっきりと見て分かる変化といえば、タマリュウの株の間にあるすき間に、
雑草が伸びはじめたこと。
101126-1.jpg
ここはいずれタマリュウで覆い尽くす予定なので、この草もそのうち抜き取る予定ではいます。
けれども、この草が何なのか全く分からないので、とりあえず名前ぐらいは知りたい。。。
万が一、これがハーブか何かだったりなんかした場合には、
除草するなんてとんでもなくて、きちんと鉢に植え替えて育ててしまうかもしれません。
葉っぱの形がミントっぽいようにも思える、かわいらしい感じを醸し出している草。
花でも咲かせてくれれば、すぐに名前が判明するようなポピュラーなものの可能性もありますよね。
伸びている数もそんなにたくさんではなく、その気になればいつでも除草できる程度だし。
ということで、しばらく様子をみようと放置しているところです。

レモンバームの可能性アリ?!


葉っぱの形がミントっぽいと書きましたが、色々ネットで調べていると、
なんとなく近い形の葉っぱを発見。
レモンバームです!
レモンバームの種を撒くところから育てていらっしゃる方のサイトがこちらなのですが、
��参照)種から育てるレモンバーム成長日記
写真に写っている葉っぱ、どれもこれもが、見覚えのある形をしているのです。
かなりレモンバームの可能性が高くなってきました!!

もしもレモンバームだった場合


念のため、栽培方法など調べてみると、

荒地でもよく育つので全く手が掛からないハーブである。また、毎年種を周囲に零すので一度撒いたら毎年どんどん増える。
地上部は冬には枯れるが根は数年生きるため、雪解けと同時に成長を始める。雪が積もる頃に出た葉は、雪の下でも枯れずに冬越しする。非常に耐寒性に優れたハーブである。


引用元:レモンバーム - Wikipedia

強い性質のハーブらしいので、近所から種が飛来してきて、
タマリュウの合間に芽を出したという可能性も考えられますね。
冬の間このまま放置しておいても育つというのも素敵です。
やはり当分の間、抜き取らずにこのまま、成長を見守ってみようと思います。